「SIXTY SIX」アート・ギャラリー:プライベート ビューイング



ロンドンのセント・ジョージ・スクエアにあるビクトリア調のタウンハウス「SIXTY SIX」では、イギリスと南アフリカのアーティストの作品を4日間にわたって展示している。この展覧会では、社会的に密接な関係を持つ2つの国で、帰属意識やアイデンティティのテーマに取り組むグローバルに活躍するアーティストたちを紹介するまたとない機会です。


「SIXTY SIX」では、Megan Baker、Samuel Bassett、Victoria Cantons、Miranda Forrester、Jeanne Gaigher、Donna Huddleston、Sepideh Mehraban、David Murphy、Sitaara Stodel、Clare Woodsの新作に加え、国際的に有名なアーティストZanele Muholiがロックダウン中に制作していた絵画のプライベートコレクションを展示。最近テート・モダンで開催されたムホリの展示に続き、これらの自伝的で極めて個人的な自画像は、アーティスト自身の言葉を借りれば、「今日のグローバル社会における黒人の旅、自己イメージ、そして可能性」を表現していると語る。本展では、具象作品と抽象作品が混在し、写真、コラージュ、紙の作品とのコントラストにより、各アーティストのテーマ、現在のスナップショット、未来のビジョンをユニークに表現となっている。



この展覧会は、南アフリカの新進アーティストを英国の絵画市場に紹介することで、若いコレクターを支援し、同時にロンドンのユニークで歴史的な背景の中で絵画を展示する方法を再構築するというビジョンのもと、国際的なギャラリスト、キュレーター、アートアドバイザー、コレクターなどのユニークなメンバーによって設立された。


この展覧会は、ピムリコのセント・ジョージ・スクエアにある、新たに改装されたビクトリア調のタウンハウス「Sixty Six」の3つの主要フロアで開催。露わになった建築物のディテールと解体された建物の環境は、ロンドンの歴史的意義にロマンティックな敬意を表している。また、部屋の大きさは、鑑賞者が自分の存在をより強く意識し、アートとともに知覚することを可能に。


本展覧会の収益の一部は、サーペンタイン・ギャラリー、芸術、文化、社会活動の交差点で活動するLGBTQ+を中心とした慈善団体であるQUEERCIRCLE、南アフリカの農村地域で教育と青少年育成を支援するためにZanele MuholiとDr. Bajabulile La Dhlamini Sidzumoが設立したコミュニティ開発プロジェクトであるBaMu Arts Foundationに寄付される。


Sixty Sixのプライベートビューは、10月6日から10月10日まで完全予約制。

ご予約は、sixtysixldn@gmail.com まで。


詳細については、Instagramの@sixtysixldnまたはwww.sixtysixldn.com を参照。