オミクロン、英国上陸後と3回目のワクチン接種 - 2



2回のワクチン接種と3回目のブースター接種の副反応の違い

コロナウイルスのワクチン接種が始まってから以来言われて続けている「副反応には個人差がある」ということを改めてここに記しておきたい。同じ家族でも全く異なる反応をする者もあり、接種当日の本人の体調や免疫力なども影響しているように考えられる。


接種は1、2回ともオックスフォード社のアストラゼネカを3月下旬、6月上旬にNHSの指示に従い接種した。3月の時点ではこのワクチン接種について正直、疑心暗鬼であったことは否定できない。というのも2020年3月23日の英国初のロックダウン執行前後で、ロンドン市内では大規模デモが毎週繰り広げられ、反ロックダウン、反マスク、反ワクチンの人々がメトロポリタン警察と小競り合いに発展するのを何度も目にし、世界保健機構や政府などを全面的に信用し、彼らの意見を鵜呑みにするべきかどうかを考えさせられる事が多かった。元々、未知の物質を自分の体内に入れる事に躊躇いがあったし、長年、西洋に住んでいながら、西洋薬品はほとんど使用せず、選択肢があるならば東洋医療や漢方を選んでいる。しかし、当時、冷静に白黒つけられる状況ではなかったであろう。大袈裟な言い方をすれば、人類と未知のウイルスとの戦いの中で、明らかに感染者数は増え続け、初期段階で身近にコロナに罹り重症、または死亡する者がでてきたからだ。そして自分の好奇心も勝った。「早かれ遅かれ、人間はどうせいつかは死ぬ」だったらこの未知のワクチンがどういう反応をするのか、自分自身で検証しようと思ったからだ。


接種当日、ワクチンセンターの建物に入り、手続きはスムーズに行われた。予約の日程と時間の確認、本人確認、副反応の注意事項、血栓の可能性などを説明され、左腕筋肉にブスッと注射器を打たれた。以前いつ注射を打ったのか思い出せないほど昔のことであるのは確かだろう。打たれた瞬間、冷たい液体が左腕から血管を通り、スーッと体を巡る感覚があった。アストラゼネカはファイザーやモデルナと異なり、接種後すぐに解放される。ワクチンセンターから家までの45分を散歩がてら歩いて帰る予定だったが、途中からだるさと息苦しさを覚え、バスに乗って帰宅した。帰宅後すぐに、左腕に強い痛みを感じ、平常より少し高めの体温だったが、それ以外、特に症状はでなかった。ただ腕の痛みは1週間続いた。6月の接種は初回よりも軽く普通の生活ができ、血栓等もメディアなどで騒がれていたが問題はなかった。


そして先日、3回目のブースターワクチン接種で、アストラゼネカとファイザーの混合接種にトライした。日本ではファイザーまたはモデルナが主流であるため、このような混合接種問題はないと思うが、英国では70歳以下、30歳以上はこのような接種方法を受ける事になる。


アストラゼネカと同じような経緯で手続きが行われるが、今回は看護師の質問が少々長かった。というのも私自身がアレルギー体質であり、ファイザーに対し、危険な副反応を起こす可能性があると判断されたからだ。一時はこの接種を取りやめた方がいいのではという風になりかけたが、そのセンターの主任の意向で最終的に受ける事に。接種後すぐに冷たい液体が体を巡るような感じになり、口の中が苦くなる。腕の痛みは一切ない。そして15分から20分待合スペースで異常症状が出るかどうかをチェック。椅子に座ってすぐに、目の周りに腫れを感じ、10分後には背中にポツンと痒い発疹が現れた。しかし、アナフィラキシー症状は出ず、マイルドなアレルギー反応と判断し帰宅することに。


今月は師走という事もあり、かなりの激務で正直、自分の免疫力は落ちていたであろう。だるさで3時間仮眠を取り、酷い寝汗で目が覚めると37度台の熱が出ていた。接種から6時間後、左腕が徐々に痛くなり、インフルエンザに罹った時のような関節の痛みも感じ始めた。それから最低40時間はベッドから起き上がれないほどの全身関節と筋肉の激痛、アトピーのような皮膚の痒み、左腕の接種した箇所の痛みに襲われた。熱は幸い37度台でマイルドであったため、脳は機能しており、この体の痛みは何に例えると分かり易か?など真剣に考えていた。結局、酷いインフルエンザの時のようであり、酷い筋肉痛の引き起こすことから、運動会や陸上競技大会などの次の日に起こる筋肉痛にも似ているなど考えられるほどであった。


しかし指の関節、一本、一本さえ痛く、スマートフォンでメッセージするにも苦労した。鎮痛剤のパラセタモールはほぼ効かず、コロナウイルスにイブプロフェインは良くないとされているので服用を控え、必死に痛みを堪えていた。しかし接種から3日目、全てが嘘であったように全身の痛みも熱も消えていた。摩訶不思議。


これが3ヶ月ごと、または6ヶ月ごとに接種を強要されるのは正直辛い。本人の体質によっては全くワクチンを受けられない人、またはアストラゼネカのみ摂取できる人がいるらしいので、自分のGPに相談することをお勧めする。



オミクロン感染

先週末、コロナウイルス感染者が友人の中から出た。そして今週は7名の他の友人知人までもコロナに感染。

「そして次はお前。。。」とばかりに、タカをくくっていた私も本日どうやら感染したようだ。昨日まで簡易検査では陰性だった。ちょっと喉がイガイガし、咳が出始めているくらいの症状だったので、「まさか自分が。。」と持っていた。

今朝、出かける前に簡易検査でまさかの陽性反応?早速政府のサイトから無料PCR検査キットを自宅に郵送してもらう事に。その後の結果は後日!


ただ先日3回目のワクチンを打っているからなのか、症状は思っている以上に軽症で、味覚や嗅覚も失っていない。まだまだ油断できないものの、コロナウイルスが季節のインフルエンザ化するのもそう遠い未来でもない気はする。

写真左:簡易検査で陰性反応と陽性反応をそれぞれ示したもの、写真中央:NHSから無料で受け取れる簡易検査キット7回分、写真右:簡易検査キットの中身





オミクロン、英国上陸後と3回目のワクチン接種 - 3

英国の対応、各国の対応