オミクロン、英国上陸後と3回目のワクチン接種 - 3




英国の対応、各国の対応

早い段階で、多くの国はアフリカからのフライトを禁止し、日本、イスラエル、モロッコなどは完全に外国人旅行者の入国を禁止する措置を取った。感染者が拡大している英国に関して、フランスは入国禁止を先日発表。


英国に渡航する人は、出発前2日間にPCRまたは簡易検査を受けなけ、英国に到着した日の翌々日にはPCR検査を受け、陰性となるまで自己隔離しなければならない。


これだけの感染者数が英国内で確認される中、ジョンソン英首相はイングランドにおけるロックダウンの措置を取ることはせず、公共交通機関や店舗内でのマスク着用を義務付けるほか、13日からは必要がない限り自宅で勤務することを推奨し、国民一人一人に節度ある対応を呼びかけるにとどまっている。


本日、英議会ではコロナ感染の隔離期間を10日よりも短くすることを話し合い、この忙しい年末年始に労働者が素早く現場に復帰できることを計画しているようだ。実際に多くの地下鉄運転手、バス運転手がコロナに罹り、運転手不足による遅延や運休になっている。


その他に、参加する催し物によっては、18歳以上を対象にコロナウイルス感染の有無を確認が法律で義務付けになり、これにより、(現時点)2回のワクチン接種証明、48時間以内の簡易検査での陰性証明、または免除の証明が必要になる。スマートフォンのアプリや紙での提出が求められる。(以下の条件の場所)

ナイトクラブ

500人以上収容可能な屋内無座会場

4,000人以上収容可能な屋外の非開放型施設

10,000人を超えるすべての会場


また、セカンダリー・スクールやシックス・フォームの生徒に関しては、廊下やホールなどの共同スペースではマスク着用を「強く推奨」し、すべての学校と保育施設の職員と訪問者も同様の措置。

病院や出入国管理所などでは、引き続き1m以上のソーシャルディスタンスを置く。

Covidの症状がある人、または陽性と判定された人は、自ら隔離する必要があります。

陽性または症状が出た人、またはコビド感染者の接触者であるワクチン未接種の人は、自己隔離を行うこと。

続きを読む






オミクロン、英国上 陸後と3回目のワクチン接種 - 1

新変異株オミクロン